長袖と半袖で調整しながら7月のつゆシーズン

6月下旬と7月初旬はつゆ入りの時期から3週間程度、曇りでも晴れても湿度が高い日本の気候、半袖と長袖を調整しながらの夏。このシーズンでも気温が低いと昼食とか夕食に温かい献立、お昼は冷凍品のうどんとかボリューム感の丼物、ホット・コーヒーのように少し冷ましながらの食事。雨降りが朝までに落着いて初旬は涼しい状態、室内掃除で動くと体温がアップですが、パソコン起動タイムは長袖でもよい温度です。夏日としては控えめの気温なのでうどんをお鍋で温め、冷凍物なので必要量のお水を入れてから麺つゆとうどん、忙しい時でも便利でよい食品。お昼が済んだら午後はコーヒーとか紅茶のホットでぽかぽか、こういった時期の健康は低温なら温かい食事と飲み物がベスト、身体の内側から温めてお肌と元気をキープです。日ごろから飲んでいる漢方のお薬もこのお天気によい効果、晴れから曇り空で午前中より低い気温の時間は一回分でぽかぽか。冬より健康を考えないのが夏時期ですが、この微妙な気温差が夏の健康ジャンルのピンポイントですね。

長袖と半袖で調整しながら7月のつゆシーズン

三重県で、美味しい鶏焼きのお店を紹介します。

三重県で、美味しい鶏焼きのお店を紹介します。
松阪市にある、くろちゃんというお店は、鶏焼きの美味しいお店です。
アットホームな雰囲気のお店で、カウンター席や小上がり席などあり、一人でも
グループでも楽しめるお店だと思います。
こちらのお店は、味噌ダレが美味しく、ジューシューな鶏肉と良く合う、美味しい鶏焼きが
いただけるお店です。
若鶏(450円ほどだったと思います。)や、せせり(450円ほどだったと思います。)は、
肉のジューシーさが感じられ、味噌ダレと良く合うおいしい鶏肉でした。
その他、砂肝刺身や、ささみ刺身など、鶏の刺身なども楽しめるお店でした。
亀山市にある、萱村(かやむら)というお店は、とりやきの美味しいお店です。
セットむね(1830円ほどだったと思います。)は、皮、砂肝、ネック、むねがセットになった
鶏焼きのメニューで、むね肉は、柔らかく、ジューシューで美味しかったです。
また、程よい甘みの味噌ダレの旨みと、鶏肉の旨みが良く合い、どの鶏肉も美味しかったです。
その他、塩味でも鶏肉を楽しむ事もできます。

三重県で、美味しい鶏焼きのお店を紹介します。