日が経つに連れて小室さん引退が辛くなります

小室哲哉の引退の話、時間が経てば立つ程ショックを受けています。
長いこと小室さんの曲は聴いていませんでしたが、私の中での原点となった音楽が小室の曲でした。
だから彼がもう音楽業界から引退をしてしまうというのが悲しくて仕方がありません。
多分彼は鬱になっているような気がします。
だから音楽も納得がいくものを作ることが出来ず、作ることに意欲がなくなってしまったのでしょう。
でも鬱の人でも時々元気になることもあるわけですし、元気になった時、また作りたいなと思った時に作る程度でもいいと思うのです。
あまり偉そうなことは言いたくないですが、彼は今まで素晴らしい音楽を沢山作って来た方です。
だからこれからもいい音楽は作ろうと思えば作ることが出来ると思います。
病んでいる人に無理に音楽を続けろと言っている話ではなくて、また元気になるまで休業してほしいのです。
きっと小室さんは引退したら未練は残ると思います。
みんな小室さんを応援しています。

日が経つに連れて小室さん引退が辛くなります